サンリオピューロランドに行く前にチェックすべきこと10選

初めてお出かけする場所の場合、どうやって行けばいいのか何を持って行ったらいいのか、事前にどんなことをしておけばいいのか等知りたいことが沢山あると思います。ここではサンリオピューロランドをより楽しめるよう参考になる情報をまとめてみました。

持って行ったら便利なもの・不要なもの

サンリオピューロランドのアトラクションは乗り物系は2つのみで、ほとんどがショーやパレードになります。なので、ショーやパレードを観覧する際に使うビニールシートがあると便利です。また、屋内型テーマパークなので施設内は温度管理がされています。冬場なら防寒用のブランケット等は持っていても邪魔になってしまう可能性があります。とりあえず施設内に持ち込んで不要ならコインロッカーに入れるという手もありますが、開け閉めするたびにお金がかかってしまいますので、持ち込む手荷物は見極めが必要です。

サンリオピューロランドへのアクセス方法と駐車場

サンリオピューロランドへはさまざまな方法でアクセスが可能となっています。飛行機を利用する場合は成田空港・羽田空港ともに直行バスが運行されています。電車を利用する場合、京王線・小田急線・多摩モノレールで多摩センター駅を目指します。多摩センター駅からは遊歩道があり徒歩5分ほどでたどり着くことができます。車を利用する場合、中央自動車道だと国立府中ICから約8キロ、東名高速道路だと横浜町田ICから約19キロ、圏央道だと相模原愛川ICから約18キロの場所に位置しています。駐車場はサンリオピューロランド地下駐車場と周辺に提携駐車場があります。提携駐車場を利用した場合、駐車券をピューロランドへ持って行き精算すると1時間につき40円の割引を受けることができます。

パスポートについて

サンリオピューロランドでは2歳以下が無料。3歳から17歳までが小人料金となっています。チケット窓口でチケットを購入するほか、お得な購入方法があります。まず、公式ホームページからオンラインパスポートを購入する方法。こちらは通常より100円お得になるほか、来園当日はQRコードを提示すればすぐに入場できる、購入から1ヶ月が有効期間なので日にちの予定変更ができる等のメリットがあります。続いて、前売り券を購入する方法。サンリオギフトゲートや旅行代理店、チケットぴあ、ローソン等で購入することができます。年に複数回いくことのできる方は年間パスポートを買うのも手です。1年間来園し放題のほか、エントランスショップのお買い物が5%オフになるという特典もあります。

混雑情報

サンリオピューロランドの公式ホームページでは混雑が予想される日がカレンダーに記載されています。また、その日のアトラクションの待ち時間や休止情報も出ています。行く日が決まっている場合はそれらを参考に予定を立てるのがいいと思います。カレンダーに混雑予想が記載されていない日でも土日や連休、お盆前後等は混雑するようなので無理のないスケジュールを立てるようにしてください。

赤ちゃん連れの場合

サンリオピューロランドではベビーカーが使えるフロアが限られているので、赤ちゃん連れの場合抱っこ紐が必須ですが、持っていない場合3Fのインフォメーションで無料で借りることができます。平日は全フロアでベビーカーを使うことができ、1Fの各ベビーカー置き場に無料の貸し出し用ベビーカーがあります。1Fにあるベビーセンターではオムツ替えや授乳、赤ちゃんの食事等ができます。ミルク用のお湯があり、ベビーフードの販売やオムツの販売もされています。また全ての女性用トイレと多目的トイレにはオムツ交換台が用意されています。

記念日や誕生日をお祝いしたい場合

サンリオピューロランドではキティとミミィがお祝いしてくれるパーティイベントがあります。参加は有料で、お祝いされる方は2300円付き添いの方は500円の代金がかかりますが、キティミミィとそれぞれと記念撮影ができたり直筆サイン色紙がもらえたりスペシャルライブを見ることができたりと大満足の内容となっています。当日受付となり、参加は誕生日当日でなくても誕生月であれば良いようです。また、フェアリーランドシアターでは結婚式を挙げることもできます。2名様28万円からプランがあります。

ショーやパレード観覧の注意事項

公式ホームページによると、衣類や荷物による場所取りは禁止との事です。またシート類を利用する場合も子供の転倒事故防止のためショースタート15分前までは使用が禁止のようです。一部のパレード鑑賞エリアでは、通行者の通路確保や荷物が踏まれてしまう等のトラブル回避のため、各回1時間前までは鑑賞エリアでなく指定の待機エリアで待つようです。対象エリアは公式ホームページにマップで案内が載っていますのでチェックしてみてください。

カメラやビデオ撮影について

カメラやビデオを持ち込んでの撮影はOKのようですが、アトラクション内でのフラッシュ撮影や施設内での三脚の使用は禁止との事です。ただし、スマホ自撮り棒は利用できます。イベントによっては撮影できないものもあるようです。

宿泊施設

多摩センター駅徒歩0分の場所に京王プラザホテル多摩があります。こちらのホテルと新宿にある京王プラザホテルではハローキティルームがありキティファンにおススメです。プランによっては1日パスポート券が利用人数分ついてくるというものもあります。その他、サンリオピューロランド公式ホームページでは近隣宿泊施設としてエリアごとホテルが多数紹介されているので参考にしてみてください。

周辺施設について

せっかく多摩市にきたのだからついでに周辺を観光したり、空いた時間に違う場所に行ってみたいという方も多いと思います。モノレールで10分弱で行くことのできる場所に多摩動物公園があります。広いので周るには半日ほどかかるようですが時間に余裕のある方は楽しめるのではないかと思います。またこの近くには京王れーるランドというのりもの博物館があります。多摩センター駅周辺であれば、イオンシネマ多摩センターがあったりヨーカドーや三越等のショッピング施設もあります。


【お得情報】
お得にレゴランドの格安チケットを購入する方法!!